東京都内の健診/人間ドック、3Sメディカルクリニック 錦糸町のインフルエンザワクチン接種

TOP外来診療/各種予防接種>インフルエンザワクチン接種

インフルエンザワクチン接種


インフルエンザとは

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスの感染によっておこる病気です。主な症状としては、発熱(38〜40度)や、のどの痛み、咳や痰などの呼吸器の急性炎症症状や頭痛、筋肉痛、全身倦怠感などの全身症状などがみられます。
通常のかぜと比べ、インフルエンザは、症状が重く、全身症状も顕著に現れます。そのため、高齢者がかかると肺炎を併発したり、持病を悪化させたりして重篤になり、最悪の場合は死に至ることもあります。また、潜伏期間が短く感染力が強いことも特徴で、毎年、流行期の12月下旬から3月上旬にかけては多くの方がインフルエンザにかかっています


インフルエンザに罹ると

インフルエンザウイルスに感染後、1〜3日間の潜伏期間を経た後、38〜40度の高熱が出て発病します。(発熱は通常3〜7日間続きます。)同時に、悪寒、頭痛、背中などの筋肉痛、関節痛などの全身症状が現れます。これに続いて、鼻水、のどの痛みや胸の痛みなどの症状も現れます。
健康な成人であれば1週間ほどで回復に向かいますが、インフルエンザウイルスは熱が下がっても体内には残っているため、他人にうつす恐れがあります。1週間は安静にしておくことが大切です。


インフルエンザの種類

インフルエンザ ウィルスはA、B、C型に分類されますが、さらにA型にもアジア型、香港型、ソ連型があります。これはウイルス表面の2種類の突起のヘムアグルチニン:H.ノイラミニダーゼ:Nで分けます。 アジア型ならH2N2,香港型ならH3N2などで、抗原性は年毎に変動します。


インフルエンザの予防方法

インフルエンザは一般的に12月下旬から3月上旬に流行します。それは、インフルエンザウィルスにとって、冬場は空気が乾燥すること、また寒くて乾燥した空気は気道粘膜の抵抗力を弱めることなど好条件が整っているからです。 インフルエンザの予防は、流行前に予防接種を受けることですが、その他に日常生活で気をつけることもありますので実践してみてください。
<日常生活における予防策>
(1)外出時はマスクを着用する
(2)外出後は、うがい、手洗い、洗顔をする
(3)室内の湿度を保つ
(4)体力を保つ


インフルエンザワクチンの有効期間

ワクチンは大体半年効果があるとされています。


3Sメディカルクリニックのインフルエンザワクチン接種

ワクチン接種実施期間(2019年度):2019年10月15日〜
お電話にてご予約の上、ご予約のお時間にご来院ください。
※企業様でのお申込み(会社請求)も受付ておりますので、お電話にてご相談ください。
ご予約、お問い合わせ電話番号:03-5624-5325
電話受付時間:平日(月〜金) 8:00〜16:30


  • 3Sメディカル外来診療
  • 〒130-0022 東京都墨田区江東橋2-19-7富士ソフトビル2F Tel:03-5624-5325診療時間9:00〜15:00休診日 日・祝
  • 高精度 マンモグラフィー 国立がんセンターでの導入実績をふまえ、民間健診施設で初導入
  • 負担の少ないCT 全肺野10秒以下での高速撮影が可能!